産後ママからのご相談で多いのが
母乳についてのお話です。
img-nurse-01-02
母乳の出が悪い、つまりやすいなどのお悩みを
産後の骨盤ケアでいらしたときに
『実はこれも悩んでます!』といった感じで
出てくることが多いです。
そういったかたは、肩周りや背中(肩甲骨の間)が
ガチガチになっていることが多いので
そのあたりを鍼灸やマッサージで改善することで
母乳の出方は変わってきます。
循環が悪ければ、おっぱいはスムーズに出にくいのです(>_<)
一生懸命おっぱいをあげていて
カワイイ赤ちゃんの顔を見ながらあげていると
姿勢が前かがみになり、猫背の姿勢になります。
それによって肩や背中はガチガチになってしまいます( ;∀;)
また、母乳を作る栄養(気や血)が不足していることで
そもそも母乳が作られる量が少ないということもあります。
その他の症状や、脈や舌などを診てそういったツボへの刺激も行います。
当院では助産師さんが行うような乳房マッサージは行っておりません。
母乳の症状でも、胸に直接の施術は行いません。
それでもかなりおっぱいの出方は変わってくるのを実感できると思いますよ(*^-^*)